動画サービス比較

動画配信は画質が大事!【画質が良い動画配信サービス7選をご紹介】

 

こんにちは、yo-heiです。

今回は、動画配信は画質が大事!【画質が良い動画配信サービス7選をご紹介】をご紹介します。

悩んでる人
動画配信サービスを楽しむ為に必要な、画質の種類って大事?

動画配信サービスの画像のこと、詳しく知りたいなぁ〜って方に向けて記事を書きました。

✔目次

 

動画配信サービスの画質について

現在、多くの動画配信サービスがリリースされていますが、それぞれに特色があり、どのサービスにするか迷う方も多いでしょう。
選ぶ基準としては、画質だけでなく自分が普段利用しているサービスや、利用する人数なども考慮すると、最適な動画配信サービスが見つかるはずです。

 

ここからは下記事で動画配信サービスを楽しむ為に必要な、画質の種類についてご紹介いたします。

 

 

①4K画質(2160p)

4K画質は現在もっとも高い画質です。大画面のテレビで視聴しても超高精細で迫力満点な映像が楽しめます。
ただ、4Kで作品を視聴するためには以下の3つの準備が必要です。

・4Kに対応している作品
・4K対応モニター
・4K対応機器

 

また、2020年3月現在、4Kに対応している作品はまだまだ少ないです。ちなみに、4K作品については以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

②フルHD画質(1080p)

フルHD画質はブルーレイのDVDと同じくらいの画質です。テレビの大画面でもきれいな映像を楽しめます。
画質にこだわりがある人でも十分に満足できる画質と言えます。

 

 

③HD画質(720p)

HD画質は地上波のテレビと同じくらいの画質です。動画配信サービスのHD画質の映像作品をテレビで視聴しても、十分キレイに見えます。
スマホやパソコンであれば十分すぎるくらいにキレイな画質です。

 

 

④SD画質(480p)

SD画質はテレビで見ると画像の粗さが目立ってしまいます。しかし、スマホやタブレットで視聴するには十分な画質と言えます。
ほかの画質と比べて通信量が少なくて済むので、スマホで屋外で見ることが多い人には特におすすめの画質です。

フレームレート ロゴ

 

 

フレームレート(fps)ついて

フレームレート(fps)とは、1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示すの単位のこと。fpsは「frames per second」の略です。

フレームレートの種類とおもな数値

主な素材のフレームレートが一般的にどうなっているかをご紹介

・一般的な防犯カメラ・監視カメラ   (3~5fps映画)
・映画                      (24fps)
・アニメ                     (24fps)
・テレビ(HTSC圏内)  (29.97fps)
・テレビ(HTSC圏内4K) (59.94fps)

 

日本では地デジをはじめとする現在の放送は一般的に29.97fpsで作られています。また、現在発売されている一般的なビデオカメラの場合も29.97fpsの場合が多いです

 

 

ビットレートについて

ビットレートとはBit Per Secondの略で、1秒間に送受信できるデータ量を表します。

1. ビットレートが違うから
2. アップスケーリングをしてるかが違うから
3. コーデック技術が違うから

 

それぞれ見ていきましょう。

 

理由①:ビットレートが違うから

ビットレートとは、1秒間に送受信できるデータ量のことです。画質が綺麗なほど多くのデータを受信する必要があります。そのため、ビットレートが高くなればそれだけ画質は綺麗に見えます。
そして、多くの動画配信サービスではビットレートを意図的に低く設定しています。なぜなら、ビットレートを高く設定してしまうと多くのデータを送信しなければならず、回線がパンクしてしまうからです。
動画配信サービスによって設定しているビットレートが異なるため、同じ画質でも映像のキレイさに差が出てしまうのです。
各動画配信サービスはビットレートを公表していないので、比較することはできません。実際に視聴して、画質を確かめるしか方法はありません。

 

 

理由②:アップスケーリングをしてるかが違うから

アップスケーリングとは、低画質な映像を引き伸ばして高画質に見せかける技術のことです。
この技術を使えば、低画質なコンテンツでも、キレイな映像で見ることができます。動画配信サービスによってこのアップスケーリングをしている場合としてない場合があるので、映像のキレイさに差が出る場合があります。
特に昔の映像作品の場合、アップスケーリング処理をしているとしてない場合と比べてキレイな映像が見れます。

 

 

理由③:コーデック技術が違うから

コーデック技術とは、容量が大きい動画データと音声データを小さく圧縮する技術のことです。
高いコーデック技術があると小さいデータ量でキレイな映像が見れるようになります。ただ、各動画配信サービスでコーデック技術に大きな差はないと言われています。

 

 

 

動画配信サービス 画像

画質が良い動画配信サービス7選

フルHDまで対応しており、一部作品は4Kまで対応している動画配信サービスは以下の7つです。

動画配信サービス 情報

 

・Netflix
・U-NEXT
・Amazonプライムビデオ
・Hulu
・dTV
・FODプレミアム
・paravi

 

 

Netflixロゴ

1、Netflix

【Netflixの最大の強み6選】

料金プランが3種類から選べる

視聴プラン価格/画質/同時に視聴ができる機器数

  • ベーシック 990円 標準画質(SD) 1台
  • スタンダード 1,490円 高画質 (HD) 2台
  • プレミアム 1,980円 超高画質(4K) 4

プランによる違いは最高画質の違いと、同時に視聴できる台数ですね。
ユーザーの利用環境によって料金プランが選べるのが嬉しいところです。
プレミアム料金は高いですが、4K UHDの画質に対応していたり複数の端末で同時視聴できます。
家族みんなで、スマホやテレビで場所を問わずに利用したい方にはオススメのプランです。
ベーシックだと対応画質がSDになってしまいますが、スマートフォンだけで視聴する場合は問題ないレベルです。

全ての作品が定額で見放題

料金プランに関係なく全ての動画が定額で見放題です。
映画やドラマはもちろん、力を入れているオリジナル作品も追加料金はかかりません。
料金を気にすることなく動画を楽しむことができます。

日本語吹き替えに対応している作品が多い

他の動画配信サービスでは字幕のみの作品でも、吹き替えも対応しているのがNetflixの良いところ。

オリジナル作品が充実している

他の動画配信サービスに比べてオリジナル作品がかなり充実しています。
他の動画配信サービスは約数十作品程度ですが、オリジナル作品が800作品ほど配信されていて、かなりクオリティが高いです。

海外作品が充実している

邦画や国内ドラマよりも洋画や海外テレビドラマの方が充実しています。
公開から1年未満のものも多数配信されていますし、海外ドラマも人気作品からマイナー作品まで揃っています。
普段から洋画や海外ドラマなど海外作品を中心に楽しんでいる方にとっては、最適ねラインナップだと思います。

4K画質に対応している作品が多い

4Kでの視聴に対応しているうえに、数ある動画配信サービスの中でも4Kに対応している作品の数がずば抜けて多いです。

Netflix以外の動画配信サービスにも4Kに対応していることをメリットとしてうたっているサービスはたくさんありますが、そもそも4Kに対応している作品がほとんど配信されていないので意味がありません。
その点Netflixでは4Kに対応した作品が100作品以上配信されているので、4Kの美麗な画質で映画やドラマを楽しむことができます。

 

 

2、U-NEXT

U-NEXTの最大の強み6選

①U-NEXTの最大の特徴は24万本以上と、作品数が動画配信サービスの中でもかなり多いことです。

② 電子書籍も充実してます(80誌以上の雑誌読み放題や無料で読むことができる漫画や書籍も充実)

③ 1つの契約で最大4人まで同時に動画を視聴することが可能です(家族やカップルにもおすすめ)

④ 「観る」と「読む」がひとつのアプリで可能(映画やドラマを観た後に、原作マンガや原作本も簡単にチェック可能です。好みの作品を深掘りできます)

⑤ スマホに動画をダウンロードすればオフラインで見れます(通勤や移動中など隙間時間に動画が楽しめます)

⑥ 毎⽉もらえる1,200ポイントでお得に(毎⽉もらえる1,200円分のポイントは、最新映画のレンタルやマンガ の購⼊に使えます。翌⽉に持ち越すこともできるので、お好きな作品にご利⽤ください。)最⼤90⽇まで持ち越し可能。※⼦アカウントでもご利⽤いただけます。

 

3、Amazonプライムビデオ

【Amazonプライム・ビデオの最大の強み6選】

オリジナル作品が面白い

Amazonプライム・ビデオは近年オリジナル作品に力を入れており、かなり面白いです。
作品のクオリティが非常に高く、プライムビデオはオリジナル作品しか観ていないという
声も耳にするほど人気のコンテンツとなっています。

圧倒的なコスパ!豊富な加入特典

Amazonプライム・ビデオは、月額料金500円(税込)で動画配信サービスの中でもトップクラスの
低価格です。
さらに、年間プランであれば1年あたり4,900円(税込)と安くなり、1ヶ月あたり約408円(税込)とよりお得になります。
圧倒的な低価格ながら、AmazonPrimeの特典の1つなので、他にも14もの特典が利用できます。

3台同時に視聴可能

Amazonプライム・ビデオでは3台同時視聴が可能です。
ただし、複数の端末で同じ動画を視聴する事はできないです。

Amazonプライム・ビデオは、家族も利用できる

Amazonプライム・ビデオは、家族もプライム会員として、デバイスに登録できます。
Amazonプライム会員本人の他に、同居している家族2人まで家族会員として登録する事ができ、豊富な特典を受けられます。

対応している端末機が豊富

Amazonプライム・ビデオは対応している端末機が豊富です。テレビアプリ、パソコンやスマホのほか、Amazon端末「Fire TV」「Fire TV Stick」「Fire HD」、ゲーム機「PS3」「PS4」
「Wii U」「Xbox One」などで視聴できます。

3台同時に視聴可能

Amazonプライム・ビデオでは3台同時視聴が可能です。
(ただし、複数の端末で同じ動画を視聴する事はできないです)

 

 

4、Hulu

【Huluの最大の強み6選】

海外ドラマが充実してる

海外作品を好きな人もHuluに登録しているというほどの充実度、話題の作品もほとんど
視聴できます。
また、字幕版で視聴できる作品も多いので、私もそうですが、吹替版が苦手な人にも
おすすめです。笑

リアルタイム配信・見逃し配信がある

リアルタイム配信はテレビ番組を見る感覚で作品を視聴できるサービスです。
一時停止や録画、巻き戻しの機能などはついていません。
リアルタイム配信を見逃してしまったときには見逃し配信から視聴可能です。
『見逃し配信』
初回放送から一定時間経過した後、期間限定で作品が公開されます。

高画質で視聴可能、スマホでもTVでも問題なし

Huluの画質はSD~フルHDに対応しています。

ドラマ・バラエティが豊富(日テレ系)

日テレ系のドラマ・バラエティも多く取り揃えられています。
普段忙しくてテレビを見る時間が少ない人や、日テレのドラマ・バラエティが
好きな人におすすめです。

配信リクエストが可能

リクエスト経由はTwitterからになりますが、配信リクエストもできます。

無料体験がある(14日間)

口コミや評判だけでなく、直接ご自身で体験できる14日間の無料期間も嬉しい

 

 

 

dTV ロゴ

5、dTV

【dTVの最大の強み6選】

安い料金で様々なコンテンツを楽しみたい人

初めて利用したい方にもお勧めしやすい、料金の安さ『月額料金550円(税込)』と12万本以上の見放題コンテンツ量の多さが魅力的
マルチデバイスにも対応しているため、利便性にも優れています。

韓国ドラマやライブ映像が豊富

韓国ドラマが豊富で、500作品以上配信されおり、ジャンルも様々なので、自分にあった作品を見つけることができると思います
ライブ映像もあり、国内外の人気アーティストだけでなく、バラエティのライブ映像もあります。VR対象の作品もあるので、実際にライブ会場にいる気分でライブ映像を楽しめますよ。

動画をダウンロード可能

動画をダウンロードが可能です。
複数端末にダウンロードして、好きなデバイスで好きなときに好きな作品を楽しめます
ダウンロードしておいた動画を視聴することで、外出先でも通信制限を気にすることなく快適に視聴できます。更にお気に入り機能を利用することで、後で見たい作品や配信開始前の作品をリストアップしておくことができます。

31日間の無料体験がある

31日間の無料体験も気軽に試せてるので、無料で12万作品が見放題です。

倍速再生機能がある

倍速再生機能があり、1.5倍や2倍の速度で動画を再生することができます。この倍速再生は、通勤通学や移動時間にさくっと動画を観たいときに便利です。

dTVオリジナルドラマが見放題

独自で制作しているオリジナルドラマに加え、FODと共同制作ドラマまでもが追加料金なしで楽しむことができます。

 

 

FODプレミアム ロゴ

6、FODプレミアム

【FODプレミアムの最大の強み5選】

雑誌が読み放題で好きな芸能人が登場する記事が読めた

月額976円(税込)で5万本以上の作品が見放題

動画・漫画・雑誌のページに分かれているので使いやすい

130誌以上の雑誌や書籍が読み放題

10日に1回もらえるポイントで漫画が買えるのでお得

2週間の無料体験期間がある

毎月もらえるポイントの合計が1,000円以上

最大で毎月1,300円分のポイントをもらえる

無料で読める漫画がランダムで入れ替わるので、さまざまな作品が楽しめる

電子書籍の購入で「20%ポイントバック」を受けられる

 

paravi ロゴ

7、paravi

【paraviの最大の強み7選】

国内ドラマが充実している

BSやテレビ東京系列の動画コンテンツが豊富

ドラマの見逃し配信が便利

大人気ドラマのオリジナル版や特典映像も配信

豊富な独自配信のコンテンツ

550円分のポイントで最新作品もレンタル可

スポーツ・音楽番組も充実している

作品の倍速再生が可能

ダウンロード機能で外出先でも楽しめる

様々なデバイスで視聴可能

様々なデバイスで視聴可能

様々な機器で自由に視聴したい

作品の倍速再生が可能

ダウンロード機能で外出先でも楽しめる

 

 

まとめ

ご自身にあった画質の良い、動画サイトが見つかれば幸いです。
スマホやタブレットで視聴する場合は、アプリをダウンロードしたほうが圧倒的に操作性もいいし、見やすいと思いますよ!

好みの動画サイトを見つけて素敵なライフを楽しんでください😌

 

関連記事

 

スマホでできる動画配信サービスの決済方法。6社を比較!【まとめ】

スマホで楽しめる動画サイトはここ!【データ容量が気にならない方法

【テレビの大画面】ストリーミングデバイスで動画配信サービスを観よう!

動画配信サービスで手軽に英語のレッスンができる!【4社を徹底比較】

PS4に対応してる動画配信サービスのおすすめ5選。【徹底解説!】

任天堂switchで観れる動画配信サービス4選【徹底解説致します】

動画配信サービスで倍速機能があるのはどこ?【主要な8社を比較!】

 

トップページ