Amazonプライム・ビデオ

動画配信サービスの選び方6選。【Amazonプライム・ビデオ】実際に利用してみた

こんにちは、yo-heiです。

記事内容

暇な時間に【家族、カップル、独り】でおうち時間を楽しむ為の情報をまとめた『動画配信サービスの記事です。』

 

皆さんは休日おうち時間をどのように過ごしているでしょうか。

のんびり読書や、ベットでゴロゴロしたり、気づいたら午後になってたりして、支度をして
お出掛けも面倒。1日が無駄になった経験はないですか?

私も結構あります。笑

おうち時間をうまく利用できないかなぁ〜。
そんな時に、友人からのきっかけで動画配信サービスを知り、すごくハマってしまいました。

休日、おうちで楽しめる最高の暇つぶしが動画配信サイトです。
そして何より嬉しいのが、月額制なので無駄な買い物よりコスパも良いです。

そんな理由もあり、おうちで楽しめる動画配信サービスを、数々使ってきた私が情報をまとめました。

 

✔ 読んでもらいたい方

    • おうちでゆっくり過ごしたい
    • とにかくコスパを重視したい
    • Amazonプライム・ビデオのオリジナル作品を観たい
    • 家族やカップルでドラマ・映画を観たい

 

そんな方へ、おうち時間を楽しんで過ごせるように情報を書きました。動画配信サービスを実際に
私自身も利用して気づいたAmazonプライム・ビデオの『魅力』について今回はご紹介していきます。

『Amazonプライム・ビデオとは』

Amazon.comが展開する有料会員制プログラム。
2005年にアメリカ合衆国でAmazonPrimeサービスが立ち上げられ、2007年に日本(Amazon.co.jp)でも開始された。プライム会員は当日配送や有料ビデオ配信など特典を受けることができる。
ちなみに『AmazonPrimeVideo』の開始は2006年9月7日からになります。

AmazonPrimeVideoの加入者数は1460万人

日本のプレミアムSVOD市場の会員数は、8月末時点で合計4400万人の内の33%のシェアを誇ってる

日本ではNetflixやHulu、U-NEXTを押し退けて1位のシェアを誇っています。

【メリット】

【Amazonプライム・ビデオの最大の強み6選】

①オリジナル作品が面白い

Amazonプライム・ビデオは近年オリジナル作品に力を入れており、かなり面白いです。
作品のクオリティが非常に高く、プライムビデオはオリジナル作品しか観ていないという
声も耳にするほど人気のコンテンツとなっています。

②圧倒的なコスパ!豊富な加入特典

Amazonプライム・ビデオは、月額料金500円(税込)で動画配信サービスの中でもトップクラスの
低価格です。
さらに、年間プランであれば1年あたり4,900円(税込)と安くなり、1ヶ月あたり約408円(税込)とよりお得になります。
圧倒的な低価格ながら、AmazonPrimeの特典の1つなので、他にも14もの特典が利用できます。

③3台同時に視聴可能

Amazonプライム・ビデオでは3台同時視聴が可能です。
ただし、複数の端末で同じ動画を視聴する事はできないです。

④Amazonプライム・ビデオは、家族も利用できる

Amazonプライム・ビデオは、家族もプライム会員として、デバイスに登録できます。
Amazonプライム会員本人の他に、同居している家族2人まで家族会員として登録する事ができ、豊富な特典を受けられます。

⑤対応している端末機が豊富

Amazonプライム・ビデオは対応している端末機が豊富です。テレビアプリ、パソコンやスマホのほか、Amazon端末「Fire TV」「Fire TV Stick」「Fire HD」、ゲーム機「PS3」「PS4」
「Wii U」「Xbox One」などで視聴できます。

⑥3台同時に視聴可能

Amazonプライム・ビデオでは3台同時視聴が可能です。
(ただし、複数の端末で同じ動画を視聴する事はできないです)

【デメリット】

【Amazonプライム・ビデオの最大の弱み6選】

①動画配信本数が少ない

Amazonプライム・ビデオは動画配信の本数は非公開ですが、目視確認では5万本以上と
他のサービスと比較して少ないのがデメリットです
見放題作品は目視確認では1万本以上とさらに少なくなります
U-NEXTやHuluなどの他の動画配信サービスに比べると、作品本数の面では劣っており、
不満に思う方もいます

②字幕や吹替の機能が物足りない

Amazonプライム・ビデオは吹替作品がないものもあります
作品タイトルで検索するとメジャーな作品は『字幕版』と『吹替版』の2種類がありますが、
少しマイナーな作品になると『字幕版』しか配信されていないケースが多々あります。
英語の字幕も用意されていないため、海外ドラマや洋画などを利用したい方や、
「海外作品は吹替派」という方には不向きかもしれません
また、字幕作品と吹替作品が別々に表示されるため、検索しにくい点もあります

③作品が頻繁に入れ替わる

Amazonプライム・ビデオは、見放題作品の入れ替わりが激しい傾向にあります。
「今度見よう」と思っていたら、いつのまにか見放題の対象外になり、レンタルが必要になっていたという声がPrime Video利用者から多くあります。
逆に、レンタル作品が見放題対象になっているケースもあります。

④アニメのバリエーションが少ない

Amazonプライム・ビデオでは、アニメのバリエーションが少ないという声があります。
全体の見放題作品数が少ないこともあり、視聴できるアニメの年代に偏りがあると感じる
声もあるほどです。
実際にアニメの作品数自体も、他の動画配信サイトと比較しても少ないため、アニメを重視したい方はHuluを利用した方が良いと言えます。

⑤倍速再生ができない

PrimeVideoは倍速再生に対応していない
ブラウザでの視聴であれば、Google Chromeの拡張機能を使うことで倍速再生することも
可能ですが、TVで視聴する方やChromeを使っていない方にはデメリットです

⑥Amazonプライム・ビデオは、新作配信が遅い

Amazonプライム・ビデオは他の動画配信サービスと比較すると、新作の配信が遅いもしくは、
有料な場合が多いです
レンタルビデオショップの新作と、準新作が旧作よりも高いのと同じように、Amazonプライム・ビデオの新作も有料になっているのです
新作の配信は、公式サイト、ブログ、公式Twitterで事前に告知されていま。
観たい映画等がある場合は、そちらをチェックするのがおすすめ

『まとめ』

✔ 実際に利用して気づいた点

  • 圧倒的なコスパ!
  • プライム会員特典が充実している
  • 無料期間が30日間ある

オリジナル作品が高評価

Amazonプライム・ビデオには魅力的なオリジナルコンテンツが多いことが特徴です
オリジナルコンテンツが面白いの声も多いです

ほとんどの動画配信サービスには無料お試し期間がありますが、中には無料期間がないサービスや
2週間だけのお試し期間のサービスもあるので、30日間の無料期間コスパが良いのはかなりのメリットになります。

他にもプライム会員特典が充実している

【Amazon Prime配送特典無料特別】

  • 取り扱い商品手数料無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • プライム限定価格

 

他の動画配信サービスに比べると月額料金はかなり安く、会員特典も豊富なので、実際に利用価値は
あると思います。個人的には利用してます!

もし、Amazonプライム・ビデオに興味あるけど迷ってる方は、30日間の無料お試し期間を使い、ご自身に合う
サービスか試してみてはいかがでしょうか。

また、興味あるけど、そもそもどこから登録して良いのかわからない方向けに、URLを貼っておきますね😌

【Amazonプライム・ビデオ】

今回は、動画配信サービスの選び方6選。【Amazonプライム・ビデオ】実際に利用してみた】でした。

 

 

✔ 関連記事】:動画配信サービスの選び方6選

・Amazonプライムビデオを簡単にできる解約方法【3つの注意点】

・Amazonプライムビデオを登録しないと損!【初回30日間の無料体験】
 

トップページ

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

是非ご参考にしてください。