一人暮らし

一人暮らし向けの動画配信サービス4社【スマホ1台で簡単に楽しめる】

こんにちは、yo-heiです。

今回は一人暮らしで家の中でのんびり過ごせる方法を知りたい!そんな人におすすめの過ごし方をご紹介致します。

一人暮らしで外出は面倒、時間はあるからのんびりだらだら過ごしたいなぁ〜、そういう人は多いのではないでしょうか?

外出だと出費もかかるし、なるべく抑えたいですよね。

実際に僕も家でゆっくり過ごしたいけど、出費もかかるのは嫌でした。

出費を抑えて、ゆっくり過ごせる物は何かなぁ〜って考えてたら動画配信サービスに行き着きました。

実際に利用してみたら家での過ごし方が楽しくなりました!

  • コスパ良い
  • 家でゆっくりできる
  • 好きな映画やドラマを好きな時に観れる

 

上記の3つのテーマを踏まえて解説します。

✔ 目次

これを読んでおけば、一人暮らしで、初めて動画配信サービスを使う方にも安心です

  • 動画配信サービスの種類を解説(配信数、月額料金、無料期間)
  • 動画配信サービスのメリット、デメリットを解説

 

まずは、数多くの動画配信サービスがある中で、一人暮らしで初めて使う方でも安心して楽しめる動画配信サービスを厳選しました。

配信数+月額料金+無料期間をテーマに絞りましたので、ご覧ください

 

 

Netflix

  • 全ての作品が定額で見放題
  • オリジナル作品が充実している
  • 4K画質に対応している作品が多い

 

Netflixにあるプランの中でも、綺麗な画質で見たい方はプレミアムプランがおすすめです。

動画配信数:非公開(およそ5500本)

月額料金 : ベーシック:990円
             :スタンダード:1,490円
             :プレミアム:1,980円無料期間:なし

・画質・標準画質SD(ベーシック)
・高画質HD(スタンダード)
・超高画質4K(プレミアム)

同時視聴
 ・ベーシック (1台)

 ・スタンダード(2台)
 ・プレミアム (4台)

メリット

【Netflixの最大の強み6選】

料金プランが3種類から選べる
視聴プラン価格/画質/同時に視聴ができる機器数
・ベーシック 990円 標準画質(SD) 1台
・スタンダード 1,490円 高画質 (HD) 2台
・プレミアム 1,980円 超高画質(4K) 4
プランによる違いは最高画質の違いと、同時に視聴できる台数ですね。ユーザーの利用環境によって料金プランが選べるのが嬉しいところです。プレミアム料金は高いですが、4K UHDの画質に対応していたり複数の端末で同時視聴できます。スマホやテレビで場所を問わずに利用したい方にはオススメのプランです。ベーシックだと対応画質がSDになってしまいますが、スマートフォンだけで視聴する場合は問題ないレベルです。

全ての作品が定額で見放題
料金プランに関係なく全ての動画が定額で見放題です。映画やドラマはもちろん、力を入れているオリジナル作品も追加料金はかかりません。料金を気にすることなく動画を楽しむことができます。

日本語吹き替えに対応している作品が多い
他の動画配信サービスでは字幕のみの作品でも、吹き替えも対応しているのがNetflixの良いところ。

オリジナル作品が充実している
他の動画配信サービスに比べてオリジナル作品がかなり充実しています。他の動画配信サービスは約数十作品程度ですが、オリジナル作品が800作品ほど配信されていて、かなりクオリティが高いです。

海外作品が充実している
邦画や国内ドラマよりも洋画や海外テレビドラマの方が充実しています。公開から1年未満のものも多数配信されていますし、海外ドラマも人気作品からマイナー作品まで揃っています。普段から洋画や海外ドラマなど海外作品を中心に楽しんでいる方にとっては、最適ねラインナップだと思います。

4K画質に対応している作品が多い
4Kでの視聴に対応しているうえに、数ある動画配信サービスの中でも4Kに対応している作品の数がずば抜けて多いです。
Netflix以外の動画配信サービスにも4Kに対応していることをメリットとしてうたっているサービスはたくさんありますが、そもそも4Kに対応している作品がほとんど配信されていないので意味がありません。その点Netflixでは4Kに対応した作品が100作品以上配信されているので、4Kの美麗な画質で映画やドラマを楽しむことができます。

デメリット

【Netflixの最大の弱み6選】

無料体験期間がない
他の動画配信サービスは無料体験を設けているし、無料体験がない

日本・海外ドラマの作品数が少ない
Netflixは日本・海外ドラマの作品が少ないという声も。

日本のオリジナル作品が少ない
Netflixの強みであるオリジナル作品だけど、海外の映画やドラマのオリジナルは多いけど日本の作品は少ない

古い作品のラインナップが少なめ
2000年代以前のアニメや映画など、古い作品のラインナップは少なめ。

一番安いプランだと画質や機能性に不満が出やすい
月額料金プランは3つあります。観れる作品や基本機能はどれも同じですが、それぞれ画質や同時視聴数などに影響します。一番安い「ベーシックプラン」は月額990円(税込)ですが、画質はSDとやや低め。

字幕の表示が遅れることがある
日本語字幕で視聴していると、字幕の表示が遅れてしまい一瞬しか画面に映らないことが結構あります。また、ひどいときには全く字幕が読めないこともあるため、かなり不便なところもあります。

月額料金を3つから選べるのでご自身にあったプランを選択できます。また、豊富なオリジナル作品数と海外ドラマなど話題作も観れるのが嬉しいですね。

 

② U-NEXT

  • U-NEXTの最大の特徴は配信数が24万本以上
  • 電子書籍も80誌以上利用できます
  • 毎⽉もらえる1,200ポイントが嬉しい

 

月額料金:2,189円
無料期間:31日間
動画配信数:24万本以上
同時視聴 : (4台)

メリット

【U-NEXTの最大の強み6選】

① U-NEXTの最大の特徴は24万本以上と、作品数が動画配信サービスの中でもかなり多いことです。

電子書籍も充実してます(80誌以上の雑誌読み放題や無料で読むことができる漫画や書籍も充実)

1つの契約で最大4人まで同時に動画を視聴することが可能です(家族やカップルにもおすすめ)

「観る」と「読む」がひとつのアプリで可能(映画やドラマを観た後に、原作マンガや原作本も簡単にチェック可能です。好みの作品を深掘りできます)

スマホに動画をダウンロードすればオフラインで見れます(通勤や移動中など隙間時間に動画が楽しめます)

毎⽉もらえる1,200ポイントでお得に毎⽉もらえる1,200円分のポイントは、最新映画のレンタルやマンガ の購⼊に使えます。翌⽉に持ち越すこともできるので、お好きな作品にご利⽤ください。)※最⼤90⽇まで持ち越し可能。※⼦アカウントでもご利⽤いただけます。

デメリット

【U-NEXTの最大の弱み6選】

作品数が充実してる分、他の動画配信サービスと比べて月額料金が高め料金を重視する人にはおすすめできません)

別途課金が必要な作品も多々ある(海外ドラマなど…)

複数デバイス利用の際、エラーがでやすい(4つのアカウントで同時視聴ができますが、同じ作品を視聴することはできません。)

動画をたくさん利用しない人にはあまりおすすめできない(メリットでもある毎回還元されるポイント。ですが、ポイントを90日以内に使い切らないと余りおすすめできません。)

他社よりもオリジナル作品が少ない現状(作品数が豊富の反面、オリジナル作品は少ないです。)

解約方法がわかりにくい(解約方法がわかりにくいというユーザーの方もいらっしゃるようです。解説:ログイン→アカウント設定→契約・決済情報→契約内容の確認・解除から解約できます。)

動画配信サービスの中で配信数No,1。動画や電子書籍が充実しているので見たい動画が見つかりやすいです。

③ Amazonプライム・ビデオ

  • オリジナル作品が面白い
  • 圧倒的なコスパ!豊富な加入特典
  • 対応している端末機が豊富
月額料金:500円 年間:4,900円
無料期間:30日間
動画配信数:7万本以上
同時視聴  :(3台)

メリット

【Amazonプライム・ビデオの最大の強み6選】

オリジナル作品が面白い
AmazonPrimeVideoは近年オリジナル作品に力を入れており、かなり面白いです。作品のクオリティが非常に高く、プライムビデオはオリジナル作品しか観ていないという声も耳にするほど人気のコンテンツとなっています。

圧倒的なコスパ!豊富な加入特典
AmazonPrimeVideoは、月額料金500円(税込)で動画配信サービスの中でもトップクラスの低価格です。さらに、年間プランであれば1年あたり4,900円(税込)と安くなり、1ヶ月あたり約408円(税込)とよりお得になります。圧倒的な低価格ながら、AmazonPrimeの特典の1つなので、他にも14もの特典が利用できます。

3台同時に視聴可能
PrimeVideoでは3台同時視聴が可能です。ただし、複数の端末で同じ動画を視聴する事はできないです。

Amazon Prime Videoは、友達とも利用できる
Amazonプライムビデオは、友達ともプライム会員として、デバイスに登録できます。Amazonプライム会員本人の他に、友達2人まで会員として登録する事ができます。

対応している端末機が豊富
AmazonPrimeVideoは対応している端末機が豊富です。テレビアプリ、パソコンやスマホのほか、Amazon端末「Fire TV」「Fire TV Stick」「Fire HD」、ゲーム機「PS3」「PS4」「Wii U」「Xbox One」などで視聴できます。

3台同時に視聴可能
PrimeVideoでは3台同時視聴が可能です。(ただし、複数の端末で同じ動画を視聴する事はできないです)

デメリット

【Amazonプライム・ビデオの最大の弱み6選】

動画配信本数が少ない
AmazonPrimeVideoは動画配信の本数は非公開ですが、目視確認では5万本以上と他のサービスと比較して少ないのがデメリットです見放題作品は目視確認では1万本以上とさらに少なくなりますU-NEXTやHuluなどの他の動画配信サービスに比べると、作品本数の面では劣っており、不満に思う方もいます

字幕や吹替の機能が物足りない
AmazonPrimeVideoは吹替作品がないものもあります作品タイトルで検索するとメジャーな作品は『字幕版』と『吹替版』の2種類がありますが、少しマイナーな作品になると『字幕版』しか配信されていないケースが多々あります。英語の字幕も用意されていないため、海外ドラマや洋画などを利用したい方や、「海外作品は吹替派」という方には不向きかもしれませんまた、字幕作品と吹替作品が別々に表示されるため、検索しにくい点もあります

作品が頻繁に入れ替わる
AmazonPrimeVideoは、見放題作品の入れ替わりが激しい傾向にあります。「今度見よう」と思っていたら、いつのまにか見放題の対象外になり、レンタルが必要になっていたという声がPrime Video利用者から多くあります。逆に、レンタル作品が見放題対象になっているケースもあります。

アニメのバリエーションが少ない
AmazonPrimeVideoでは、アニメのバリエーションが少ないという声があります。全体の見放題作品数が少ないこともあり、視聴できるアニメの年代に偏りがあると感じる声もあるほどです。実際にアニメの作品数自体も、他の動画配信サイトと比較しても少ないため、アニメを重視したい方はHuluを利用した方が良いと言えます。

倍速再生ができない
PrimeVideoは倍速再生に対応していないブラウザでの視聴であれば、Google Chromeの拡張機能を使うことで倍速再生することも可能ですが、TVで視聴する方やChromeを使っていない方にはデメリットです

AmazonPrimeVideoは、新作配信が遅い
AmazonPrimeVideoは他の動画配信サービスと比較すると、新作の配信が遅いもしくは、有料な場合が多いですレンタルビデオショップの新作と、準新作が旧作よりも高いのと同じように、AmazonPrimeVideoの新作も有料になっているのです新作の配信は、公式サイト、ブログ、公式Twitterで事前に告知されていま。観たい映画等がある場合は、そちらをチェックするのがおすすめ

月額料金はかなり安く、会員特典も充実してるので、かなりお得です。

Hulu

  • 海外ドラマが充実してる
  • リアルタイム配信・見逃し配信がある
  • ドラマ・バラエティが豊富(日テレ系)
月額料金:1,026円
無料期間:14日間
動画配信数:10万以上
同時視聴:なし

メリット

【Huluの最大の強み6選】

海外ドラマが充実してる

海外作品を好きな人もHuluに登録しているというほどの充実度、話題の作品もほとんど
視聴できます。
また、字幕版で視聴できる作品も多いので、私もそうですが、吹替版が苦手な人にも
おすすめです。笑

リアルタイム配信・見逃し配信がある

リアルタイム配信はテレビ番組を見る感覚で作品を視聴できるサービスです。
一時停止や録画、巻き戻しの機能などはついていません。
リアルタイム配信を見逃してしまったときには見逃し配信から視聴可能です。
『見逃し配信』
初回放送から一定時間経過した後、期間限定で作品が公開されます。

高画質で視聴可能、スマホでもTVでも問題なし

Huluの画質はSD~フルHDに対応しています。

ドラマ・バラエティが豊富(日テレ系)

日テレ系のドラマ・バラエティも多く取り揃えられています。
普段忙しくてテレビを見る時間が少ない人や、日テレのドラマ・バラエティが
好きな人におすすめです。

配信リクエストが可能

リクエスト経由はTwitterからになりますが、配信リクエストもできます。

無料体験がある(14日間)

口コミや評判だけでなく、直接ご自身で体験できる14日間の無料期間も嬉しい

デメリット

【Huluの最大の弱み6選】

同時視聴は1人のみ

Huluは複数端末を使っての同時視聴ができません。家族や友達、恋人とのシェアプランも
存在しないので、1契約につき、対象のアカウントは1つに限定されます

契約プランが1つ

Huluは契約プランが1つです。他社のVODサービスのように、利用頻度や利用スタイルに合わせてプランを選べません

無料トライアルの期間が短い

無料お試し期間は2週間。他社と比べてと短さが目立っています
他社ですと、30日、31日、1ヶ月の無料期間を設けているところがほとんどです。表面的に見ると、Huluの2週間という期間はどうしてもマイナスに見えてしまいますよね

新作の購入、レンタルが不可

配信されてる動画はすべて見放題の反面、新作の購入やレンタルは対応してない

新作映画の数が少なめ

ドラマやバラエティに力を入れているためか、新作映画が少ない

動画視聴中に止まってしまう時がある

サーバーが重いせいか、途中で動画が止まってしまうという声もあります

✔ まとめ

数々の動画配信サービスを利用してきて、人気の動画配信サービス4社を比較しました。

 

Netflix

配信数:およそ5500本
月額料金:スタンダード:1,490円
無料期間:なし

 

U-NEXT

配信数:24万本以上
月額料金:2,189円
無料期間:31日間

 

Amazonプライム・ビデオ

配信数:7万本以上
月額料金:500円
無料期間:30日間

 

Hulu

配信数:10万本以上
月額料金:1,026円
無料期間:14日間

 

一人暮らしでも、映画、ドラマ、書籍も楽しめて配信数と無料期間があり、この料金なら満足すると思った動画配信サービスはU-NEXTです!

この動画配信サービスであれば、きっと好みの映画やドラマに出会えると思います!

U-NEXT31日間の無料体験があるので、1度お試しに利用してみるのが良いと思いますよ😌



U-NEXT公式サイトはこちら

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

是非ご参考にしてください。

 

【おすすめ記事】

お笑い

アニメ

韓流・アジア

ジブリ

カップル向け

家族向け

キッズ向け

 

トップページ